Thinkpad X1 Carbon 2018レビュー!2017との違い比較 デザイン・WWAN(LTE)最安値

Thinkpad X1 Carbon 2018

2018年2月1日、LenovoのThinkpad X1 Carbon 2018(第6世代)が発売されました。

2017から一気にパワーアップした感のあるX1 Carbonですが、2018のスペックはどんなものになっているんでしょうか。

現在X1 Carbon 2017を使っている管理人がデザインはWWAN(LTE)当の違いを比較レビューしていきたいと思います。また最安値についても紹介しています。

Sponsored Link

Thinkpad X1 Carbon 2018のスペック


Thinkpad X1 Carbon 2018

まず、X1 Carbon 2018のおおまかなスペックを見てみましょう。


OSWindows 10 Home 64bit ※Pro選択可のモデルもあり
CPUインテル Core i5/i7第8世代
ディスプレイ14.0型FHD液晶 (1920x1080 IPS 300nit 光沢なし)※WQHD液晶 (2560x1440 IPS 500nit 光沢あり・なし)、マルチタッチ対応選択可のモデルあり
メモリー8GB ※16GB選択可のモデルあり
ハード·ディスク·ドライブ128GB ソリッドステートドライブ SATA ※1TBまでカスタマイズ可
本体寸法323.5 x 217.1 x 15.95mm
バッテリー駆動時間最大20.9時間
重量1.13kg
インターフェース(ポート)HDMI x 1、マイクロフォン・ヘッドフォンコンボジャック、イーサネット拡張コネクター2 x 1、ドッキングコネクター x 1 (USB Type C x 2&イーサネット拡張コネクター2と兼用)
インターフェース(USBポート)USB 3.0 x 2 (内、Powered USB 3.0 x 1)、USB Type-C x 2(DC-in、Thunderbolt3、Video-out機能付き)
ワイヤレスWi-Fi、Bluetoothバージョン4.1
WWAN(LTE)なし
本体カラーブラック ※2017同様シルバーはそのうち選択できるようになりそうです
指紋センサーあり

こんな感じになっています。気になる部分を見てみます。

本体サイズ・デザイン


Thinkpad X1 Carbon 2018

2017から2016に比べて一回りほど本体サイズが小さくなりましたが、これは大きな変化でした。管理人が2017の購入を決めたのもここが大きかったです。

が、2017と2018の本体サイズは変わらず、323.5 x 217.1 x 15.95mmとなっています。本体サイズ的には2017ユーザーにメリットはありません。

デザインは少し変わっています。

2017では小さな丸ポチだったカメラ。


Thinkpad X1 Carbon 2017カメラ

2018では、シャッターがついていかにもカメラです!的な感じに変わっています。


Thinkpad X1 Carbon 2018 カメラ

プライバシー的な観点からシャッターがついたようですが、この辺は好みが分かれるところかもしれません。個人的には2017のスタイリッシュな方が好きですね。


あと、ロゴ部分もちょっと変わったように見えます。まだ実物を見ていないのでなんとも言えませんが、2018は”Lenovo”が枠で覆われていて、”X1 Carbon”も少し薄くなったような。


Thinkpad X1 Carbon 2018

2017はLenovoに枠はありませんし、文字もくっきりしているような気がします。大した差ではありませんが。


Thinkpad X1 Carbon 2017

キーボード部”Thinkpad”のロゴは2017はくっきりシルバー。


Thinkpad X1 Carbon 2017

2018は黒くなってより目立たなくなりました。


Thinkpad X1 Carbon 2018 カメラ

天板も同様です。

2017


Thinkpad X1 Carbon 2017

2018

Thinkpad X1 Carbon 2018

あと一つ大きな違いは天板に「X1」のロゴが入ったことでしょうか。これはなかなかかっこいいです。


Thinkpad X1 Carbon 2018

本体色はシルバーも選択可です。

ディスプレイはWQHD(2560×1440)選択可!


Thinkpad X1 Carbon 2018 ディスプレイ

2017のときは最初は選択できなかったWQHD液晶が早速選択可能になっています。

が、正直14インチで2560×1440も必要かどうか…。管理人の2017はFHD液晶(1920×1080)ですが、それでも等倍表示にすると文字が小さすぎて1.2倍にしてあります(それでも若干文字が小さい…。見た目的にかっこいいからぎりぎりそのサイズにしてるだけ笑)。

WQHD(2560×1440)光沢なしで14,040円、光沢ありで21,600円高くなります。

文字でなくグラフィック的な面で必要な人以外WQHDで十分です。WQHD液晶のマルチタッチ対応は+5,400円でカスタマイズ可なので、それはアリかもしれません。

ちなみにWQHDの方だと「Dolby Vision」に対応していてより綺麗に見えるみたいですが、グラフィックとかそれ程興味ない管理人は2017のFHD液晶でも十分綺麗に感じてます。

バッテリー・重量


バッテリー駆動時間は2017で約15.3時間でしたが、2018では約20.9時間と伸びています。

15時間も持てば十分なんですが、2018を選択する人にとっては嬉しいポイントかもしれません。

本体重量は1.13kgで、2017から変わっていません。14インチとしては結構限界なところなのかもしれません。というか14インチでこれは軽すぎますけどね。

12インチのMacbook(0.92kg)はめちゃくちゃ軽いので羨ましくなりますが、12インチと14インチの違いがありますしね。

ちなみに11.6インチのMacbook Air(1.08kg)も持ってますが、体感的には違いは感じられません。

WWAN(LTE)がついてない!?


管理人が2017を選ぶ大きな要素だったWWAN(LTE)。2017には背面SIMカードを入れるスロット(microSDスロットと兼用)があり、SIMを入れればWi-Fiいらずでネットが使えました。


Thinkpad X1 Carbon 2017

なんと2018は現在対応していないようです。が、スロット自体はあります。


Thinkpad X1 Carbon 2018

現状、microSDメディアカードリーダーとしてしか機能を果たさないようですが、いずれWWAN(LTE)対応することも考えられなくもないです。2017で対応してたんだから2018でも対応してほしいですよね。

※2018/2/23追記 

LTEが選択できない件について、Lenovoに問い合わせしてみました。

現在のところ部材供給の都合によりLTE通信が可能な構成をご選択いただけません。具体的なスケジュールは未定ですが、部材の準備ができ次第、お選びいただけるようになる見通しです。

ということでした。

LTEの部材ってそんなに貴重なんでしょうか…。わかりませんが、現在販売中の機種はLTEが使えないってことです。

ちなみに2017の方も同様で、WWANカスタマイズが不可となっています。Wi-Fiだけでいいという方は関係ありませんが、LTE通信をしたい方は今は買うべきではないですね。残念。

※2018/4/20追記 

いよいよWWAN(LTE)が選択できるようになりました!部材が用意できたんですね。

WWANを選択すると+10,800円プラスとなりますが、Lenovo直販だと総額から30-40%引きくらいになるので、実質6,000円から7,000円くらいのプラスと考えるといいと思います。

WWAN選択不可がネックになっていた方は今が良いタイミングですね!また部材不足で…なんてことにならないうちに購入するのが良いかもです。

まとめ


2018は2017と比べてそれ程大きな変化はありません。すでに2017を持っている人は特に買い替える必要はないですね。

ただ、2016以前の方が買い替える良いタイミングではあると思います。

X1 Carbon 2018の価格!最安値で購入するには?


LenovoのPCは公式サイトでの購入であれば大幅な割引がされています。

Thinkpadは家電量販店では扱っていないことが多いですが、売っていたとしてもLenovo公式サイトが常に最安値です。

公式サイトでは、2018年4月21日現在8つのモデルがラインナップされています。※モデルによってカスタマイズ可能箇所が違ったりします。

最安値のモデルで156,103円(税込)。とうとう16万円切りました!

販売価格236,520円が34%割引された価格です。

x1 carbon 2018

スペックは以下の通り。


Thinkpad X1 Carbon 2018 最安値

書類作成、ネットサーフィン、動画視聴するくらいなら十分すぎるくらいのスペックです。

が、この価格まだ下がります。

2017のときもそうでしたが、デフォルトで「RJ45拡張コネクター」が選択されています。


Thinkpad X1 Carbon 2018 最安値

有線LANを繋なぐ為の拡張コネクターですがが、必要ないので外しちゃいます。すると本体価格が3,240円安くなって153,965円(税込)となります。

鬼のように安くなるので(笑)是非、これを忘れないようにしてください。

4月下旬からWWAN(LTE)も選択可となりましたが、WWANを付けても162,518円。かなり安いと思います。

価格は徐々に下がる傾向にあるので、逐一チェックして情報アップしていきたいと思います。


⇒ Lenovo 公式直販サイト



Sponsored Link



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA