X1 Carbon 2018レビュー!現在の価格 WWANは対応か?

x1 carbon 2018

今回のレビューは、ThinkPadXシリーズの中でも最上位機種であるX1 Carbon 2018です。

このX1 Carbonシリーズは数年前から登場した機種であり、Xシリーズの上位機種として販売されています。

数年前までは躯体も大きく重さもそれなりにあり持ち運びにはと購入するのを躊躇する機種だったのですが、現在は重量、躯体の大きさ共に持ち運びが容易なレベルまできました。

モバイルノートといえばX2○○シリーズという選択から1機種増えた形になります。実際みなさん購入する際はこのX1 CarbonとX2○○とで悩まれるみたいです。

では、このX1 Carbonの詳しい詳細を見ていきましょう。

Sponsored Link

ちなみに


X1 Carbon 2018は購入していません。2017がありますし、購入する理由はさほどありません。正直ほしいのが本音ですが…。

しかし、ちょうど友人がノートパソコンを壊してしまい次の機種を探していました。そこに私がこのX1 Carbonを猛プッシュしたわけです。

めでたく友人が購入を決意し購入し、色々と触らせてもらったという話です。しかし、触れは触るほど質感ともにすばらしい機種だと実感しました。

では詳しいスペックなど紹介していきたいと思います。

スペック、仕様(カスタマイズ箇所についても)、購入価格


Thinkpad X1 Carbon 2018
OSWindows10 Home 64bit
CPUインテル Core i7-8550U プロセッサー (1.80GHz, 8MB)
GPUインテル UHD グラフィックス 620
RAM16GB LPDDR3 2133MHz Soldered
ストレージ256GBソリッドステートドライブ PCIe M.2 (OPAL対応 )
ディスプレイ14.0型FHD液晶 (1920x1080 IPS)、光沢なし、300nits、マルチタッチ非対応
カメラ720pカメラ&IRカメラ付、マイクロフォンあり
バッテリー6セル リチウムイオンバッテリー (48Wh)
ワイヤレスインテル®Dual Band Wireless AC(2x2) 8265、Bluetoothバージョン4.1、vPro対応
指紋センサーあり
キーボード日本語キーボード (バックライト、指紋センサー) ブラック
セキュリティーチップTPMあり
WWANなし

以上が、購入した(私が購入したわけではありません)X1 Carbon2018のスペックになります。

ほとんどカスタマイズはしておらず、Lenovoの直販販売モデルのプレミアムパック(100台限定)をそのまま購入した形になります。

価格は288,360円で値引きが77,857円ありましたので、結果210,053円となりました。

ここに友人は保証と付属品を少々購入しましたので、全体の合計で250,000万円程になりました。

やはりXシリーズの上位機種だけあって安くはありません。しかし、高い部類でもないとは思います。他メーカーの同スペックで比べると安いぐらいだと私は思います。

納期


次に納期の方ですが、発注してから約1ヶ月半程で手元に届きました。まだ出たばかりの機種で生産ラインが確立していないのか、結構時間がかかりました。

X1 Carbon 2017のときは発売してから半年以上経っていたのもあり、2週間ほどで届きましたが、余裕がない方にとってはこの納期の長さはとても苦痛だと思います。

デザイン


Thinkpad X1 Carbon 2018

デザインですが、まずX1 Carbonというだけあって、カーボン素材になっています。カーボンは軽くて丈夫な素材になっていて、とても質感もいいです。

外見はいつものThinkPadの黒くて無骨なデザインです。しかし、このX1 Carbonは色の選択が出来ます。選択出来る色はブラックとシルバーです。シルバーは実際目で見て確認したわけではないので、質感とか雰囲気はわかりません。

しかし、画像など見る限りではブラックの方がいいのではないかと思います。好みの問題ですが。液晶やキーボード、ボディ形状などはX1 Carbon 2017とほぼ変わりはありません。


Thinkpad X1 Carbon 2018

次にポート類です。ここもX 1Carbon 2017と劇的な変化はありません。

フルサイズのUSB3.0が2つ、HDMI、LAN、ヘッドフォン、USB Type-C、Thunderbolt3が2つとなっています。

LANポートはドングルが必要になってきます。ドングルがなければ有線接続出来ません。やはりここは個人的にもデメリットな部分でもあると思います。

充電は2017同様USB Type-Cで行います。また背面には、SIMカードスロットSDカードスロットが搭載されています。

SDカードスロットの問題として対応サイズがmicro SDまでであるというところがあります。フルサイズのSDカードは挿入出来ません。ここも個人的にデメリットな部分かと思います。

嬉しいポイントとしてSIMカードスロットがあるということです。今まで屋外ではテザリングでインターネットに接続していましたが、SIMを挿入することによってそれが不要になります。

これはかなりのメリットだと思います。何気にノートパソコンを開いて、テザリングの設定をしてと面倒くさいんですよね。それに今は格安SIMがたくさんありますので、このX1 Carbonととても相性がいいと思います。

とはいえ、以下に書いてありますが、2018/4/5現在WWANは選択不可となっています。

そして、USB Type-CとThunderbolt3はなんか繋がっているというか変な形をしています。これはこの2つがドッキングステーションの接続端子を兼ねているからです。

しかしながらドッキングステーションを接続するぐらいならThinkPad USB Type-C ドックや、ThinkPad Thunderbolt3 ドックの方が端子1個で簡単に繋げて同様の事が出来るのでそちらのほうがおすすめかなと思います。

もちろんヒンジに関しては180度開きます。ここは従来通り変更なしですね。

液晶


Thinkpad X1 Carbon 2018 ディスプレイ

次に、液晶ですが、このX1 Carbonは14型の液晶です。

液晶の選択としてはFHDかWQHD Dolby Vision対応、マルチタッチ搭載か否かの選択があります。友人はFHDのマルチタッチ非搭載にしました。

まずWQHD Dolby Vision対応ですが解像度が2560×1440とかなり高解像度です。なんどか昔のX1 Carbonでこの解像度を見たことがありますが、本当に文字が小さいです。14型でこの解像度正直無理だと感じるぐらいでした。

しかしこのWQHDを選択するとDolby Visionに対応します。なんだそれはと言いますと、広い色空間とダイナミックレンジをもつ動画を伝送する規格のことで、今まで以上に明るいハイライト、より良いコントラスト、滑らかな階調で豊な色彩を表現可することが可能となるみたいです。

つまりは今まで以上に色彩が豊かになり、とってもきれいになるんですよということです。友人はこれに関してはかなり惹かれていました。

動画編集や写真編集をそれなりにするのできれいなのはいいがやはり解像度がという感じでした。友人も同じ理由でFHDを選択しました。せっかくの解像度拡大せずに100%で使いたいですしね。

マルチタッチを非搭載にした理由はノートパソコンの液晶はきれいでありたいという友人のこだわりです。デスクトップパソコンのモニターやノートパソコンのモニターを触るなんて考えられないという考えの持ち主です。

ベゼルに関しては2017同様狭額ベゼルになっています。やはり見た目がいいですからね。

そして、内蔵カメラはIR付きですね。本当にこの顔認証すばらしいです。友人も感動していました。

もう時代は指紋ではなくて顔認証なんですかね。ただIRを付けることによってカメラを隠せるシャッターが付けられないのでそこは注意ですね。

指紋センサーもX1 Carbon 2017同様タッチパッドの横にありますが、特段干渉するわけでもなく問題はありません。

キーボードの打ちやすさ


Thinkpad X1 Carbon 2018

キーボードは日本語のバックライト付きです。フルサイズのキーボードになっていて、キーボードの打感、キーストローク、質感はすばらしいものです。

上位機種だろうと下位機種だろうとこのキーボードの質は変わりません。高い機種だからいいキーボード、安い機種だから微妙なキーボードという感じではないのはThinkPadシリーズのすばらしいところだと思います。

体感処理速度(CPU、メモリ、ストレージ)


Thinkpad X1 Carbon 2018

処理速度についてです。CPUはi5、i7の2種類から選択できます。

友人はi7を選択しました。友人はそれなりに動画編集を行います。ですのでi5よりはi7ということでこちらを選択しました。

ストレージはSDDのみの選択です。PCle M.2の256GBのタイプにしました。

SATAかPCleの2種類からの選択になりますのですが、この2種類の違いは主に発熱量と消費電力の違いです。

正直ベンチマーク上では速度の速さはあるものの体感ではほとんどわからないレベルだと思います。ですが、ベンチマークで変わるならはやい方がいいとこちらを選択しました。

次に、メモリです。こちらは16GBを選択しました。やはり動画編集で色々なアプリを立ち上げる、インターネットのタブを大量に開くということもあり16GBを選択しました。

以上の構成で、もちろん処理速度に不満点は一切ありません。快適そのものです。逆にこれで不満があったらどうしようかとなるぐらいのスペックだと思っています。

バッテリーの持ち


バッテリーですが、X1 Carbonシリーズは内蔵型なので自分で交換などはできません。

最大で約15時間駆動が可能です。X1 Carbon 2017と比べてもバッテリーの変化はありません。

重量はどうか?


重量は、約1.13kgとなっています。2017と同じですね。この重さはかなり素晴らしいと思います。

画面サイズが14型とX2○○シリーズと比べて大きいのに重量はほぼ同じというか少し軽いぐらいになっています。やはりカーボン素材の恩恵なのかなと感じます。これだけの軽さならば楽に持ち運び出来ます。

WWAN(LTE)対応は?


2月時点の記事で書きましたが、当時WWANは選択付加となっていました。部材供給の都合によりということでした。

Thinkpad X1 Carbon 2018レビュー!2017との違い比較 デザイン・WWAN(LTE)最安値

2018.04.20
そして、2か月ほど経った4/5時点、残念ながら状況は変わっていません…。

ただ、当時スケジュール未定と言われていたのが、見通しは立ったようです。4月下旬以降になるようですね。


x1 carbon 2018

なので、WWAN(LTE)が必要な方はもう少し待った方がいいと思います。

※2018/4/20追記

WWAN(LETE)が選択可能となりました!


x1 carbon 2018

これを待っていた人も多いかと思いますが、今は発売当初より割引率もアップして価格がさらに下がっているので、今が購入のベストタイミングでしょう!

WWANを付けると10,800円高くなりますが、それも混みで割引されるので実質は6,000円~7,000円程度のプラスとなります。

総評(コスパはどうか?)


やはりXシリーズの最上位機種だけあって、スペック、外観、重さすべてにおいて高い水準を保っていると思います。

恐らくThinkPadシリーズでモバイルノートの購入を検討する時このX1 CarbonシリーズかX2〇〇シリーズで悩まれる方が多いと思います。画面サイズで選ぶか、価格で選ぶか悩ましいところです。

やはり金額が許せるならX1 Carbonがいいとは思いますが、人によってはモバイルノートにしては画面が大きすぎると思う方もいるかと思います。そこは人それぞれだと思います。

しかしながら、購入して絶対に後悔のない機種の1つだと思います。

X1 Carbon 2018の価格!最安値で購入するには?


LenovoのPCは公式サイトでの購入であれば大幅な割引がされています。

Thinkpadは家電量販店では扱っていないことが多いですが、売っていたとしてもLenovo公式サイトが常に最安値です。

公式サイトでは、2018年6月17日現在7つのモデルがラインナップされています。※モデルによってカスタマイズ可能箇所が違ったりします。

最安値のモデルで146,642円(税込)。いよいよ15万円切りました!

販売価格236,520円が38%割引された価格です。



スペックは以下の通り。




書類作成、ネットサーフィン、動画視聴するくらいなら十分すぎるくらいのスペックです。

が、この価格まだ下がります。

2017のときもそうでしたが、デフォルトで「RJ45拡張コネクター」が選択されています。


Thinkpad X1 Carbon 2018 最安値

有線LANを繋なぐ為の拡張コネクターですがが、必要ないので外しちゃいます。すると本体価格が3,240円安くなって144,634円(税込)となります。




鬼のように安くなるので(笑)是非、これを忘れないようにしてください。

4月下旬からWWAN(LTE)も選択可となりましたが、この構成にWWANを付けても156,686円。かなり安いと思います。




恐らくこれが底値でしょう。これ以上大幅に安くなることはないと思うので、まさに今が買い時です!

また価格情報をチェックして情報アップしていきたいと思います。


⇒ Lenovo 公式直販サイト



Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA