ThinkPad X1 Carbon 2019レビュー!最安値は?価格、スペック、評価を徹底解説!

thinkpad-x1-carbon-2019

Lenovoは2019年1月、一足早く米国でThinkPad X1 Carbon2019を発表しました。米国での発売は6月ですので日本での発売は2019年夏以降であると見られています。

ThinkPad X1 Carbon2019にはどのような見どころがあるのでしょう。

旧モデルとどちらが買いか。見どころや違いを含め徹底解説します。

ThinkPad X1 Carbon2019が気になっている人は是非参考にご覧ください。

2018年モデルはコチラ。

Thinkpad X1 Carbon 2018レビュー!2017との違い比較 デザイン・WWAN(LTE)最安値

2018.04.20
Sponsored Link

ThinkPad X1 Carbon 2019のスペック、仕様、価格


thinkpad-x1-carbon-2019
OSWindows 10 Home/Pro
CPU第8世代インテル®Core(U)
GPUなし
RAM8GB/16GB
ストレージ256GB/512GB/1TB/2TB SSD
ディスプレイ・14インチIPS(1,920 x 1,080)タッチ/非タッチ
・14インチIPS (2,560 x 1,440)タッチ
・14インチIPS(3,840 x 2,160)HDR
カメラwebカメラ(IR.Windows Hello対応)
バッテリー51Wh
ワイヤレスあり
指紋センサーあり
キーボード未定
セキュリティーチップTPMあり
本体寸法(幅×奥行き×高さ)322.8 × 216.9 × 14.95 mm
本体重量1.08 kg

米国で発表されたものですので、日本発売される際には少し変わるかもしれませんので正確ではありません。

価格は、米国の発売価格が186,000円からとなっていますので、日本で発売される際もあまり変わりがないといってよいでしょう。

旧モデルの2018年版は価格が167,929円からとなっていますので、悩むところですね。他の部分も細かくみてみる必要があります。

ThinkPad X1 Carbon 2019のデザイン


thinkpad-x1-carbon-2019

今回の一番変わった点は、天板にカーボン柄が採用されたことです。

天板にカーボン柄が採用されても高級感を維持したまま小型化・軽量化を実現させています。

カラーは、従来のブラック・シルバーから王道のブラック1色となっていますので、日本版でも変わらないと予想されています。

大きさは、旧モデル:幅×奥行き×高さ㎜:323.5 x 217.1 x 15.95㎜から、322.8 × 216.9 × 14.95 ㎜と幅・奥行き・高さとも小型化が実現されていますが、大きく小さくなったという訳ではありませんので、2つを比べてもほとんんど変わらないといえます。

今回の一番の変更点は、Dolby Atmos対応の4スピーカーシステムを搭載したことです。旧モデルのスピーカーは筐体下部に付いており、音も下向きに出ていたのですが、今回は上向きのスピーカーをキーボード上部に追加配置し、4方向から音がでるようになったため、さらに高音質なサウンドが実現されています。

これまでスピーカーは筐体下部に付いており、音も下向きに出ていたのですが、今回は上向きのスピーカーをキーボード上部に追加配置し、さらに高音質なサウンドを楽しめるようになっています。

ThinkPad X1 Carbon 2019のポート類・LTE対応


thinkpad-x1-carbon-2019

ThinkPad X1 Carbon2019のポートは、USB Tye-C×2(Thunderbolt3)、USB3.1Gen1×2、HDMI、イヤフォンマイクを搭載しています。旧モデルとほぼ変わらないと言われています。

発表されている外観には、microSDポートがありませんでしたが、搭載されるだろうと言われています。

旧モデルまでのドングル式Ethernet端子を廃止し、その機能を内包した「ドッキング端子」を搭載するといわれています。

ポート類は位置が移動しています。イヤフォンマイク端子は右側面から左側面に移動。右側面には新たに電源スイッチが設けられています。

LTEには旧型モデルから引き継ぎLTEには対応しています。

ThinkPad X1 Carbon 2019の液晶


thinkpad-x1-carbon-2019

液晶は、14インチIPS(1,920 x 1,080)タッチ/非タッチ、4インチIPS (2,560 x 1,440)タッチ、14インチIPS(3,840 x 2,160)HDRの4種類から選ぶことができます。

解像度の幅が広いのと、ThinkPad Privacy Guard機能が付いたものもあり、横からディスプレイを見られないようにするなどセキュリティ対策も万全です。

FHDでも輝度は2018年版は300nitなのに対し、400nitとFHDでも輝度は明るいです。

ヒンジが水平位置まで開口します。対面でみる場合などはとても便利な機能になっています。

ThinkPad X1 Carbon 2019のキーボード


thinkpad-x1-carbon-2019

キーボードは旧モデルと比較してもかわりません。

ThinkPad Xシリーズはタイピングがとても打ちやすいと評判で、今回もモデルも変わらないといわれています。

凹凸は少なくデザインはほとんど変わりませんが、シルク印刷されたDolby Atmosロゴがついています。今までのThinkPadシリーズにはないロゴとなっており、少し邪魔と捉える人もいるかもしれません。

スピーカーは、キーボードの一番上につけられており、一見スピーカーに見えない感じとなっています。ほとんどきになりません。

ThinkPad X1 Carbon 2019の処理能力(CPU、メモリ、ストレージ)


thinkpad-x1-carbon-2019

CPUに関しては、旧モデルの第8世代Kaby Lake RからWhiskey Lakeに変更されていますので、処理速度が速くなるといわれています。

また、ストレージ容量も拡大されると言われています。

メモリは最大16GBと変わりありません。ストレージ、CPUの進化により動きのよいノートパソコンになっていることが間違いないです。

ThinkPad X1 Carbon 2019のバッテリーの持ち


最大バッテリーは旧モデルが約20.9時間(57Wh)、今回のモデルが51Whとなっていますので約17~18時間のバッテリーと考えられます。

液晶によってUHD 4Kはバッテリーの持ちが悪くなるでしょう。

ThinkPad X1 Carbon 2019の重量


thinkpad-x1-carbon-2019

重量は旧モデルが約1.13kg、今回のモデルが1.08kgとカーボン柄が採用ことにより軽量化されています。

14インチの液晶画面でこの軽さは他のパソコンでもなかなかありませんので、持ち運びに便利で、おすすめです。

ThinkPad X1 Carbon 2019の総評


thinkpad-x1-carbon-2019

今回発売されるモデルThinkPad X1 Carbon2019は、カーボン柄が採用されたことにより更なる軽量化、小型化、UHD4K採用により美しい液晶で画面を見ることができます。

また、スピーカーを改良されたことにより、さらなるよい音質で映像、音を楽しむことができます。

しかし、米国で発売のポートではmicroSDが採用されていませんので気にかかります。

ThinkPad X1 Carbonシリーズのよいところはそのまま残し、現在力をいれているセキュリティ対策が行われて、処理能力の高いThinkPad X1 Carbon2019として発売されること間違いなしです。

今後旧型も安くなる予定ですし、重量や速度が気にならないのであれば旧モデルでも問題ないでしょう。

今後の発売に注目したい1台です。

2018年モデルはコチラ。

Thinkpad X1 Carbon 2018レビュー!2017との違い比較 デザイン・WWAN(LTE)最安値

2018.04.20


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA