Lenovo ThinkPad L390 Yogaレビュー!最安値は?価格やスペック、評判を徹底解説

thinkpad-l390-loga

画面も大きくオフィスなどでも使いやすいThinkPad Lシリーズ。

今回は、その中でも2019年発売の最新型ThinkPad L390 Yogaのレビュー、価格(最安値)やスペック評判を紹介します。

ThinkPad Lシリーズの中でもおもしろい個性と特徴を兼ね備えた Yogaシリーズ、ThinkPad L380 Yogaとの違いはどのようなところがあるのでしょう。

⇒ ThinkPad L390 Yoga 最安値【割引クーポン付】

Sponsored Link

ThinkPad L390 Yogaのスペック、仕様、価格


OSWindows 10 Home 64bitその他のエディション選択可能
CPU第8世代インテル® Core™ プロセッサー(カスタマイズによる選択)Whiskey Lake-U
GPUCPU内蔵(インテル® UHD グラフィックス 620)
RAM最大32GB(PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM)
ストレージSSD
ディスプレイLED バックライト付 13.3型 FHD IPS液晶 (1920 x 1080)、マルチタッチ対応(10点)
カメラ・HD 720p カメラ
・HD 720p カメラ+IRカメラ
・HD 720p カメラ+アウトカメラ
・HD 720p カメラ+IRカメラ+アウトカメラ
(カスタマイズによる選択)
バッテリー3セル リチウムイオンバッテリー (45Wh)
ワイヤレスインテル・ワイヤレス AC 9560 2x2 AC、Bluetooth バージョン 5.0 vPro
指紋センサー搭載可能(カスタマイズによる選択)
キーボードフルサイズ・日本語キーボード 、JIS配列、TrackPoint、ThinkPadクリックパッド
カスタマイズによる選択可能
セキュリティーチップTPMあり(TCG V2.0準拠)
本体寸法(幅×奥行き×高さ)322x224.2x18.8mm
本体重量約1.56kg~

スペックに関しては以上の選択肢があります。

ThinkPad L390 Yogaは、カメラ・キーボード・指紋センサーをカスタマイズによって選択することができますので、用途によってカスタマイズが可能です。

気になる価格は、約12万円~約16万円とカスタマイズによりそこまで大きな価格変動はありません。

旧モデルより価格が安くなっているので手が届きやすくなりました。

ThinkPad L390 Yogaのデザイン


thinkpad-l390-loga

デザインは、シンプルでキーボードも他のタイプより広めになっていますのでタイピングしやすくなっています。

凹凸も少なく余分なものがないのでスタイリッシュに見えます。

色はブラック1色となっています。

ThinkPad L390 Yogaの大きさは、322×224.2×18.8mm旧モデル(ThinkPad L380 Yoga)と比較してもデザイン、大きさ、厚みは全く変わりません。

ThinkPad L390 Yogaのポート類・LTE対応


thinkpad-l390-loga

ポートは、USB‐C 3.1 が2つ(1つは電源共用)、USB3.1ポートが2つ、HDMI、マイクロフォン、セキュリティー・キーホール、microSDメディアカード、イーサーネット拡張コネクター(拡張ケーブルにてR45に対応可能)となっています。

ポート類も旧モデル(ThinkPad L380 Yoga)と同じポートで、さまざまな機器を接続することができます。

microSDメモリーメディアカードには対応していますが、フルサイズのSDカードが差し込むことができないので、デジカメなどの画像を取り込むことができません。

高速な11ac対応ワイヤレスLANもあるので、快適にネットワークに接続できます。ワイヤレスLANに接続できると便利ですね。

ThinkPad L390 Yogaの特徴が、さまざまな利用シーンに合わせてモードを変換できることです。ビデオ鑑賞する際は360度にパソコンを回転させてタブレットモードにでき、違和感なくビデオ鑑賞をすることができます。

ThinkPad L390 Yogaの液晶ディスプレイ


thinkpad-l390-loga

マルチタッチ対応の13.3型 FHD IPS液晶を搭載しています。

比較される旧モデルのThinkPad L380 Yogaも同じタイプですが、違った点は、旧モデルは光沢液晶、ThinkPad L390 Yogaでは非光沢液晶となっています。

このことで長時間使用しても目が疲れにくく、使いやすくなっています。ディスプレイのベゼルは広めですのでそれほどコンパクトではありません。

また、ThinkPad L390 Yogaはコンバーチブル型の2in1PCとなっています。テントモード、スタンダードモード、フラットモードなど自由に変形でき、仕事・プライベートなど様々な用途に使えます。

指紋センサーはこのモデルではカスタマイズにて指紋センサーを非搭載することもできますので気になる人は搭載しないこともできます。

⇒ ThinkPad L390 Yoga 最安値【割引クーポン付】

ThinkPad L390 Yogaのキーボード


2019-04-07_030530

日本語キーボード対応となっています。

バックライト付きはカスタマイズによって対応できます。

フルサイズのキーボードになっていますので、タイピングしやすく使いやすい仕様となっています。

また、キーボードでなくてもタッチペンで字をうつことができるのでストレスなく字をうつことができます。

ThinkPad L390 Yogaの体感処理能力(CPU、メモリ、ストレージ)


thinkpad-l390-loga

旧モデルとの変化は、CPUです。

旧モデルは第7世代Coreプロセッサー、または第8世代Coreプロセッサー(Kaby Lake-R)ですが、新モデルは第8世代Coreプロセッサーでも最新のWhiskey Lake-Uを搭載したことで処理能力が向上しています。

旧モデルのCPU:Core i7-8550U、Core i5-8350U、Core i5-8250U、Core i5-7200U、Core i3-8130U、Core i3-7130U

ThinkPad L390 YogaのCPU:Core i7-8565U、Core i5-8265U、Core i3-8145U

ThinkPad L390 YogaのCPUは3種類に減りましたが性能がバランスよくなっています。旧モデルでも買い替える必要はありませんが処理能力が底上げされています。

メモリーは、最大32GBとなっていますが、最低4GBから32GBと用途によってカスタマイズできます。旧モデルと変更はありません。

ストレージは、SATAとPCIeの2種類から選べます。PCIeの方が速度は速いですが体感的にはほとんどかわりません。ストレージも旧モデルとの変更はありません。

ThinkPad L390 Yogaのバッテリーの持ち


thinkpad-l390-loga

バッテリーの持ちは、最大約12.1時間となっています。旧モデルは約12.8時間ですので、0.7時間短くなりましたがあまり変わりません。

12.1時間のバッテリーは、十分のバッテリーの持ちといえます。

旧型モデルにも搭載されていたバッテリー消耗時、急速充電機能により約1時間で80%の充電が可能なこともThinkPad L390 Yogaにも引き継がれています。

※急速充電機能は65W ACアダプター利用時のみ使用可能です。

ThinkPad L390 Yogaの重量


thinkpad-l390-loga

ThinkPad L390 Yogaの重量は約1.56kgとなっています。重いですね。

この重さは旧モデルと変わらず、ThinkPadの中でも最も重いものです。

ほとんどのノートパソコンの重量が1.0kg~1.2kgとなっており、片手で持って長時間使用するのは難しいです。

ThinkPad L390 Yogaの総評


ThinkPad L390 Yogaは、旧モデルに比べて処理能力があがっただけでほとんど機能はかわっていません。マイナーチェンジがされたコンバーチブル型PCです。

残念なことに重量が重く、片手で長時間操作することは厳しいですが、テントモード、スタンダードモード、フラットモードなど自由に変形でき、仕事・プライベートなど様々な用途に使うことができます。

旧モデルとの大きな違いは、旧モデルよりもコストが安くなったことです。ThinkPad Yogaシリーズは他にもありますが、価格が安いのはThinkPad L390 Yogaとなります。

スペックにも問題がありませんので、安心して使用することができますよ。

ThinkPad L390 Yogaの最安値


LenovoのPCは公式直販サイトだと基本的に常に割引で購入できるので、公式直販サイトが最安値になっています。

ThinkPad L390 Yogaの2019年4月現在の価格は¥105,840(税込)~となっています。




⇒ ThinkPad L390 Yogaを最安値で購入する【割引クーポン付】

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA